" />

全自動ビジネス

【ラブレター】ブログは誰に向けて書いているのかを徹底追及する!

 

ブログの書き方がわからない。最初の一文字が打てない。
そんな方にちょっとした、でも大切な、アドバイスをします。

私がブログを書く上で一番大切にしていることで、1日目から今も続けていることです。
なので初心者の方にこそ大事にしてほしい基礎の基礎です。

✓本記事の内容

・読んでほしい相手を徹底的に創造する
・コンテンツはラブレター
・まずはプロフィールからやってみよう

 

読んでほしい相手を徹底的に創造する

私はブログ記事(コンテンツ)を書くときに記事構成やキーワード選定はもちろんなのですが、
それを決めたあとに「誰に」届けるかをとても細かく考えます。

例えばこの記事。

参考【要注意】Amazonオーディブルにおすすめしない本の種類!

続きを見る

私が読んでほしい人は2人です。

①買う本を決めてからAmazonオーディブルを試してみたい慎重派の24歳女性Aさん。

ちなみにAさんは、何事にも慎重で登録したり買い物したり新しいことを挑戦するときには人一倍リサーチしてしまうタイプ。

②無料の言葉に負けて登録したけれどラインナップが豊富過ぎてどれに使おうか分からない25歳サラリーマン営業職のBさん。

このBさんは、「無料」「流行り」が好きなミーハーさん。情報感度が非常に高くなんでも飛びついちゃうイケイケタイプ。

どうでしょう?少し具体的すぎると思いましたか?

更にわたしはこの人物像をパソコンのモニター横に貼って、常に視界に入るようにしながら書き作業をしています。

そのおかげで、想定読者を見失うことがないので記事を書くスピードや、見直した時の一貫性がかなりあがりました。

どうしても仮想で人を作り上げるのが難しい場合は、自分の知り合い・友人・家族等今まで出会った人の性格を思い出してその人に向けて書いてみましょう。

その後は、その人になりきって、どんな事を書いていたら有益だと感じてくれるのか=喜んでくれるのかを考えていきます。

そうすることで、

「こんなことに興味持つ人がいるのかな?」

という悩みが一瞬で消えます。

それにキーワード選定で得た数字が証拠です。

興味あるから、知りたいから、検索しているんです。

なので、とにかく徹底的に人物像を作り上げて書いていきましょう。

 

 

コンテンツはラブレター

記事(コンテンツ)=ラブレターです。

なぜなら、その記事を読んで読者に喜ばれる記事を書くことが大切だからです。

恋愛に例えて考えるとすごく分かりやすくて、ラブレターって相手を想って書いたものじゃないですか。

どんなことを書いたら喜んでくれるだろう、どんな言葉で、どんな文章で書いたら相手に自分の気持ちが上手に伝わるだろう。

ブログも同じです。

相手が知りたい解決したいことを書いているからには、その人にとってどういう風に書いたら自分の意図を120%相手に受け取ってもらえるのか。120%相手役に立ったと感じてもらえるのか。

ラブレターだと思って書いていくと、意外とすらすら進みます。

 

まずはプロフィールからやってみよう

私も1番初めに書いた記事はプロフィールです。

どんな人と繋がりたいか、どんな人をターゲットに書いていくのか。

自分自身のことを書くのできっと記事の内容には困らないのでは?と思います。

プロフィールは自分のブログの顔になるのでしっかり作りこみましょう!

良かったら私のプロフィールも読んでみてください。

Twitterに飛んでいただければ、より、どんな人がこの記事を書いているのか知って頂けます。

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
とうふ

とうふ

東京在住。アパレル会社に勤めるOL。 コロナで父が無職になり、生活苦に陥っていた時、運よく月収400万円の師匠に出会い、副業起業家としての道をスタート。起業開始1ヶ月目で5桁の収益化に成功しました。 このブログでは、「常にちょっとずつ良い毎日を」を理念として 「いつまでこの働き方するんだろう?」 「人生このままでいいのかな?」 と思ってる方の助けになりたくて情報発信しています。

-全自動ビジネス

© 2020 TOFULOG Powered by AFFINGER5