" />

インプット講座 全自動ビジネス

【書評】天才はあきらめた/ 山里亮太

 

こんにちは、とうふです。

今日は自分のやる気を爆上げしてくれた最高の本のご紹介です。

 

南海キャンディーズの山里亮太さんの自伝、

「天才はあきらめた」という本です。

Kindleを整理していたら出てきたので、読み返してみたら

改めてとてつもなく面白い本だなあと思ったので記事にしてみました。

 

私は南海キャンディーズのファンだったわけでもなく

彼のするMCや天の声が鋭くて好きだなあくらいだったんですが

その彼の発言やツッコミに狂気的ともいえる努力があったとは。

 

脱帽でした。

 

彼は自分が天才でないことを徹底して自覚しているからこそ、
普段何を考え、どんな努力をしているのか?

 

カッコつけず、赤裸々に書かれています。

 

彼は自分の半生をもって、地味なものからスカッとするような
鮮やかな言葉選びなど全てをひっくるめて、
努力し続けることが天才と並び凌駕すると証明しています。

 

それだけの努力を今まで積み重ねてきた
山里さんの口から出てきた言葉たちは

 

私がこうしてネットビジネスを始め
「今」という時代を生きていく上でベースにしたい考えや
一生大切にしたいと思う名言の宝庫でした。

 

彼が彼自身の努力の過程やその道中での葛藤を
赤裸々に書いてくださっていることで、

自分の甘さを認識できるし、

「努力の天才」の考え方を学べる1冊です。

そして彼は、

売れるべくして売れたのだと思いました。

 

今回は、書評として
印象に残った言葉やストーリーを紹介していきたいと思います。

 

 

劣等感が生んだ狂気的なほどの努力

 

この前某番組でみたEXILEのHIROさんのストーリーや

普段お世話になっている方を見ていて思ったのですが、

一流の人に共通しているのは
「努力の過程」を何よりも大切にしていることだと感じます。

 

山里さんを例に出すと、

上岡龍太郎さんを目指して、ゴールから逆算して行動していること、
池上彰さんに弟子入りしたり、

彼のその努力の量は常軌を逸していますが、
その努力の功績を決してひけらかしたりしません。

 

そして彼の考える天才とは、

計算なしでとった行動が独自性や発展性に溢れているセンス型の人。

好きなことを追求した結果、勝手に評価に結びついたり、

言葉や時代の波を掴むのが上手な、そんな人。

 

ネガティブな感情を原動力に

自分がそういったタイプではないことを

誰よりも、そして徹底して自覚している彼だから、

 

「俺は天才じゃないからこんなに努力している。

 お前は天才か?

 違うならなぜやらないんだ!」

 

という言葉がすごく響きました。

 

彼が貪欲に、そして地道に積み重ねてきた努力が

「向いていないかも」と逃げ出したくなった時に
彼自身の背中を押して前に進ませてくれたり

「これだけやってダメならダメだったんだ」
と思えるだけの自信になった、

という話は、

先程の彼の言葉を裏付けた真実なんだろうなって

思いました。

 

自分に絶望し、迷い、悩みながらも
日々積み重ねてきた努力だったからこそ
誰も奪えない自信を与えてくれるし
全ての原動力に変わる。

 

萎えてしまった時のバイブル

少し私の話を挟ませてください。

 

私昔から、器用貧乏というか、

「自分がもっとちゃんとやればできたのにそれができない自分」

が嫌でした。

それができない自分に萎えてしまう。

 

自分より結果が出ている人や、
凄い人たちと比べて

「どうせこうやっていつもいつもできないんだ」

って現実に打ちのめされて、

毎回毎回しんどくなってたんですよね。

 

でもよくよく考えてみたら、

自分に対しての理想が高すぎ

だったんですよね。

 

だから、

この本はそうやって今の自分に萎えてしまった人や

何のために生きているんだろうって思っている人の

バイブルになるんじゃないかな、と思います。

 

報われる場所を探す

 

努力すれば夢は叶うって、

そんなことないって否定する人はたくさんいるけれど、

夢を叶えた人・成功する人のしてきた努力って

否定する人たちがしてきた努力の数億倍してきたから

こうして居場所にできたんだなって思いました。

 

それに、彼は

「僕には根性がない。好きなことにはストイックになれるけど、
嫌いなことにはまるで根性無し。
逃げ道があれば、すぐそこに逃げてしまう」

と言っていました。

 

わたしは、こうしてブログ始めた時もTwitter始めた時も、

フォロワー何千人って抱える人や
お金を稼げている人たちはやっぱり凄い特別な人なんだ

って思っていました。

 

でも、そんな彼から出た意外すぎる言葉。

 

そして彼は

努力するために、数々の工夫をしてきたことを

超具体的に紹介してくださっていて、

とても勉強になることばかりでした。

 

今回はその1つをご紹介。

 

張りぼての自信貯金

この本を読むと何度も何度も繰り返し登場するキーワードの一つに

この言葉があります。

 

自分に自信がなく、
凡人であるという劣等感で溢れていた彼が
夢を叶えるためにしてきたのか

この、張りぼての自信貯金という考え方。

 

この考え方には、貯め方と使い方にポイントがあって。

 

例えば、

「電車で喋っていたら、後ろの女の子がそれを聞いて笑っていた」

とか、

嬉しかったことや楽しかったこと、

誰かが自分を褒めてくれた、認めてくれた、

本当に小さな小さなことだけど

それらを一つ一つ拾っていくことで

張りぼての自信銀行に貯金していく。

 

そして自分が壁にぶつかったり、立ち止まった時に

それまでに貯めていた貯金を開けて原動力に変えていく。

 

例えば、彼の場合なら、

自分がお笑いに向いていないと思い知った時や

頭の中に逃げさせ屋が現れた時。

 

荒れ狂う彼をずっと応援し続けてくれた
優しい母や仲間の存在。

そういう小さな一つ一つが彼を

「逃げ出したい」という衝動から逃げ道を塞いでくれたのだと

書かれていました。

 

でも、思えば私も

たくさんのものに支えられて

日々生かされているんだと気づくことができました。

 

こうしてブログを読んでくれている読者の方、

メルマガを読んで感想を送ってくれる方、

Twitterでリプで絡んできてくれる方。

 

父が仕事を失った時に

元気だしなよって連れ出してくれた友達。

 

振り返ってみると
私にも数えきれないほどたくさんの貯金がありました。

 

これを再認識させてくれた彼の本は素敵だし、
ああ、頑張ろうって
力がふつふつと湧いてくる気がします。

 

そう、悔しさは燃料になる。

 

 

視点が世界を変える

そして

彼ほどの努力をしている人でも
結果を出し続けるってものすごく難しいことだから、

自分がそんな簡単にできないのも当然だって

心がスッと楽になったし、

お笑いを楽しいと思えるようになるまでには
莫大な時間と努力と苦労の積み重ね無しには
できなかったんだと

言われてみれば当たり前なのだけど、

改めて目の当たりにしたことで、

 

わからないことばっかりで泣きそう

思ったようにすぐに結果が出ない

って言っていた自分が

まじで恥ずかしくなりました。

 

本当の意味で、客観的に捉え

理解することができていなかったんだなあと

深く反省しました。

 

これは私がメルマガでも日々訴えているのですが、

知識の投資にも

通じるものがあると思っていて。

 

知らないから、視点が1つしかない。

他の見方でものを見ることができない。

 

彼の場合で言えば、
半端じゃない自己プロデュース力がそれに当てはまるのだけど。

 

彼は

「面白さ」の定義を「ただ単に自分が話したい面白いこと」ではなく
「自分が客席にいたとして、その自分が見て笑うものをやること。」

にいち早く気づいたことで違う視点を見つけ

今の世界を切り開いて行ったのです。

 

努力だけではなく、

どのような視点を持つことができるか。

 

自分の視野を狭めてしまっていませんか?

 

日々問いかけていきたいですね。

 

 

「自信の持てるひとつを作るためにはひたすらに頑張った方がいい」

 

「何か一つ自信が持てるものさえあれば、他のマイナスの要素をプラスに転じさせることができる。
 だからその自信の持てる一つを作るためにはひたすらに頑張った方がいい。
 頑張るものを見つけたとき、それがもたらす効果は自分の思う以上に絶大だった。」

 

そして彼のお母さんの

「努力をしてその日を迎えたんだったら、何も残らないことはないから行っといで」

という言葉。

 

「これだけはやったんだ」って思えるものを持つこと、
そしてそれを裏づけるだけの徹底した努力。

これに勝るものは存在しないんだなって思います。

 

そして私の信念の一つである

正しい知識を学んで一定期間の継続をすること

この継続=努力だから。

 

私は今こうしてビジネスを始めるという

大きなチャレンジをしているけれど、

いまだに日々凹むし、失敗の連続だし、

思うように作業ができない日にイライラしたり

時間がかかってしまうこともたくさんある。

 

でも師匠や、尊敬する師匠の背中を追いかけるばかりでなく

自分がその世界へ踏み入れるためにも、

「自分はこれだけやったんだ」って胸を張って言い張れるだけの

努力をすることでしかその世界にはいけないんだなって痛感しました。

 

5日間で5万部の大重版だったこの本。

是非読んでみて貰いたい最高のビジネス書であり自己啓発本だと思います。

 

 

 

ーーー

父が仕事を失ったので、月収400万を超える女性起業家の元でウェブマーケティングを
学んでいます。

そんな私の物語とブログの理念はこちらから。

父が無職になり家族を背負うことになった23歳OLの話

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
とうふ

とうふ

東京在住。アパレル会社に勤めるOL。 コロナで父が無職になり、生活苦に陥っていた時、運よく月収400万円の師匠に出会い、副業起業家としての道をスタート。起業開始1ヶ月目で5桁の収益化に成功しました。 このブログでは、「常にちょっとずつ良い毎日を」を理念として 「いつまでこの働き方するんだろう?」 「人生このままでいいのかな?」 と思ってる方の助けになりたくて情報発信しています。

-インプット講座, 全自動ビジネス

© 2020 TOFULOG Powered by AFFINGER5