" />

父が無職になり家族を背負うことになった23歳OLの話

 

はじめまして、とうふ(@O1O2_life)です。

私は今、都内でEC/WEB担当者として働きつつ
副業起業家として個人でビジネスをしています。

これからはSNSやECコンサルも
やってみたいなーなんて思っています。

このブログでは常にちょっとずつ良い毎日を」をモットーに
読んでくださった方と一緒に、
これからの人生をより豊かにしていくことを目指して日々発信しています。

私は特に、

・精神的自由
・身体的自由
・金銭的自由
・時間的自由

の4つの自由度を上げていくことが
自分のハッピー度数を高める上で大切だと思っています。

簡単にまとめてしまうと、
好きなように生きていく力を持つことで
この4つの自由度は満たすことができます。

では、私がなぜこういう風な思考に至ったのか。
どうしてハッピー度を上げる方法について発信しているのか
これから共有する私の経歴を読んでいただくと
「私」という人がどんな人なのかイメージして頂けるかと思います!

 

 

これまでの経歴

19歳でLAに単身渡米→ホームレスになりかけたり、破産したりしつつも大学卒業→現地で就職
→ビザが欲しくて起業挑戦→起業失敗→ヨーロッパ2週間ひとり放浪→日本に帰国→2ヶ月Web独学する→Web職で就職
→母がコロナで3ヶ月働けず→父まで無職に→一家を支える大黒柱に!

こいつ破天荒すぎだろって思いました?

細々したところを突くと
結構過酷な環境で過ごしていたりして、、
割とネタになるような人生だなあって思います。笑

 

最悪だった中学〜高校時代

生まれてから、中学3年生になるまでを静岡の田舎町で過ごし、
典型的な田舎のおてんば娘として過ごしていた。

見た目とは裏腹に小さい頃から体が弱かったものの、
それを周りにはずーっと隠して「元気玉」なキャラ。

中学3年生に上がるころ、父の転勤で都内に引っ越した。

14年間育った場所を離れるのは嫌で嫌で。

転校してからの残り1年の中学生活は本当に孤独で。

地方訛りが抜けない私は友達もできず、人生で初めてひとりぼっちを体験した。

そのストレスは家で爆発し両親との関係も最悪な状態で、完全に家庭は崩壊した。

そんなんだから高校入学と同時に親から全ての支援を切られ、バイトに明け暮れ、
学校にもろくに行かない日々が高校3年生までは続いた。

高校3年生の春、なんでかわからないけど、高校にいた思い出が欲しくて体育祭の団長に立候補してみた。
周りからの認知度なんて不登校ヤンキーくらいのはずなのに、気付いたら女団長になっていたw

そこからかな、私の行動力が爆発したのは。

 

車代をつぎ込んでカナダに留学

 

進路決める前にやりたいこと全部やってやろうと思ったから、
新車を買う為に貯めていたお金をつぎ込んで1ヶ月カナダに飛んでみた。

カナダに行った理由は大体のサイトで一番上に名前が出てきたから(笑)

英語なんか嫌いだったし、得意でもなかったけれど、
その時はとにかく日本から外に出てみたかったんだと思う。

1ヶ月の語学学校での生活は今思えば旅行みたいなものだったけれど、
毎日がすごく新鮮で、何言ってるかわからないことさえ面白いと思っていた。

(ポジティブすぎw)

で、高3の10月。

最後の三者面談で「海外行くわ」と言い放ち、
”アメリカ 冬こない 大学”
みたいな何ともまぬけなキーワードでヒットしたLAに決定し。

高校卒業してからバイトを2つフルタイムで掛け持ちしてお金を貯めた。

最大で20時間くらい働く日もあったんだから今考えると若いってすごい。

 

LAで過ごした4年は世界観がさらにぶっ飛ぶきっかけになった

 

初めに、この家族と離れた4年間で私は家族関係を修復することができた。

これはすごく良かったこと。

LAに行ってからしばらくはホームステイで暮らした。

絵に描いたようなアメリカンファミリーでたくさんの文化や行事を体験できた。

サウンドエンジニアになりたくて受けた学部は超狭き門で、
留学生は私だけで、毎日死にそうになりながら勉強していたのだけれど、
念願のプログラムには入れなかった。

きっとこれが人生で初めての挫折。

1年後の試験を受けたかったのだけれど、学費が足りず断念。

そっからが割と負の連鎖の始まりで(笑)

全財産は$40になり、家賃も払えず、

住まわせてもらった彼氏はDV男に豹変し、

友達の家を転々としながら

何とか卒業して、仕事について、一人暮らしして。

今度はグリーンカードを取るために起業しようとするも失敗。

そして泣く泣くLAを去ることになった。

 

日本での就職〜父の無職

 

帰国する前に2週間ちょっとヨーロッパをひとり放浪した。

スリにあうって言われていたけど全く持ってそんなことはなかったので
また機会があればコツを紹介しようかな。

日本に帰ってきてからどうしてもアメリカに戻りたかった私は、
フリーランスのエンジニアになればいいのでは。と行き着いた。

そして2ヶ月独学をして挫折しかけていたので就職してしまおうと決めた。

未経験ですができます!ってもはやハッタリをかまし続けたら今の会社に内定。

2月に入社してすぐにコロナが流行り、在宅ワークに。

そしたらコロナの影響で母は仕事ができなくなるし、

父はある日突然無職になった。

まだ23歳だよ?!?!?!

家族を十分に養えるほどのお金ないし、

弟だって今受験生で来年大学にだって通わせないといけない。

でも10キロ以上痩せてガリガリになってしまった父に

「早く仕事見つけて」なんて言えなかった。

元々お給料に+αで何かできないかなあと副業を探していたのだけど

副業なんてレベルじゃだめだ。このままじゃ本当におしまいだ。

って考えて考えて考えて、

勇気を出して自分でビジネスを始めようって決めた。

 

Twitterでの出会いから始まったビジネス

私が師としてる方とは、Twitterで出会いました。

年収1500万を捨てたら月収400万を手に入れた方。

「労働してないのにこんな額詐欺か?!」

って本気で思いました(笑)

「高校大学とダブルワークして体に鞭打ちながらしてきた
肉体労働は一体なんだったんだ」

とちょっと悲しい気持ちにもなりました。

でもどんな不躾な質問にも丁寧に返してくれる
真摯な姿をみて、だんだんネットビジネスについてもわかってきた。

「自分で稼ぐ力を身につけて、
 これからを生き抜くため、家族のためにはこれしかない!!!!」

と、思い

ネットビジネスの世界に飛び込むことに決めました。

 

努力のベクトルが決まり正攻法を知ることができた

 

私がOLをしている会社は店舗を持たないオンラインショップのみのブランド。

どうして服は怪しまれないのに

「ネットビジネス」と聞くと怪しく聞こえてしまうんだろう。

オンラインショップだって立派なネットビジネスの一種なのに。

何より私は、
学べば学ぶほど面白い世界だって気付いてしまった。

LA時代にエンジニアやせどりをしている友達が多かったのも
潜在的に影響しているかもしれない。

向こうではそうやって自分でビジネスを持っているのが普通だった。

それに、ちゃんと勉強していけばちゃんとわかるようになる。

だから、こうしてビジネスを始めようと思ったんです。
私みたいな特に何かで功績を収めたわけでも、特技があるわけでもない、
どちらかといえば器用貧乏な私だからこそ等身大でお伝えできるのではないかと。

もちろん、上には上がいます。

私より若くして1500万稼いでいる学生さんとか。
私と同い年なのに億単位で稼いでる方とか。

だから、私のリアルを皆さんに感じてもらいたい。

 

2020年の7月からビジネスを始めました。

頭抱えながら、トライエラーを繰り返して、学ぶ日々です。

ブログでの情報発信を初めて、
最初の1ヶ月で4万円を稼ぐことができました。

メルマガやYoutubeなどの媒体を持つことができて
たくさんの方と繋がるきっかけを得ることができました。

そして何より、

SNSの運用実績や事業提案を評価していただき、
Web業務だけでなくPRや全体統括の位置付けで
プロモーションをしていただくことができました!

「未経験から入ったのに凄い速さだね」

って周りにもすごく驚かれたけれど、

何より自分が自分にびっくりしています。笑

 

ちゃんとした知識を学び始めると、
いろんな場面でその知識を応用することができて、
「どこをどう直せば改善するのか」が、
手に取るようにわかるようになりました。

知識が見える世界を変えてくれました。

てか、

今までどんだけ視界狭まってたんだって;;

 

今まで、ビジネスには才能とか
時代を掴む肌感とかセンスとかがある人が
成功できるんだろうなって思っていました。

 

でも、

そんなもの必要ないってその方に教わって、

学んで、悩んで、実践して、失敗して、を繰り返し。

 

やればやるだけわかるようになる。

そして学んだことを生かして人を喜ばせることができて、それが収益に繋がる。

自分で価値を生み出して、お金を稼ぐ。

生きてる!!!!!って思うようになりました。

まだまだ捨てたもんじゃないって

どん底だって思っていたけど、

トランポリンの上に座っていただけだったから

飛べなかったんだなって。

いろんな人との出会いや価値観が
私に自信を生み出す力を与えてくれました。

 

でも、まだまだ駆け出し。

家族を十分に養って、

尚且つ自分も安定だと感じられるほどではありません。

 

それに、みんな現状に満足することなく
常に上を目指して日々勉強したり、実践したり、
新しい挑戦に取り組んでいます。

 

決してみんなセンスがあったわけでもなく、
パワハラから鬱になって外に出れなくなってしまった人、
借金抱えてボロボロだった人もいます。

お金に対する価値観や、
知識、思考、視点が変わると、こうも人生変えられるのか。

 

「年収3000万円なんてすぐにいけるよ」

本当かよって半信半疑でも1つずつ行動にして積み重ねて来れたから。

やっとスタートラインに立つことができたから。

これからもどんどん吸収して、どんどん自分を刺激して、
毎日を少しずつでも確実に面白くしていきたいなと思っています。

 

 

 

最後に

 

当ブログは、

以下の4つの自由をベースに、

・精神的自由
・身体的自由
・金銭的自由
・時間的自由

「常にちょっとずつ良い毎日を」をモットーに
読んでくださった方と一緒に、
少しでもこれからの人生を豊かにしていくことを目指して日々発信しています

なので、これらの4つのベースがあることを前提に
記事を読んでもらえたら、読みやすいのでは?と思います。

「とうふはすごいから」
と言われることがありますが、そんなことは無いです。

 

これまでに話してきたように、

高校にまともに行かなかったり、
ホームレスになったり、
自己破産しかけたり、
両親は収入が無くなったり、

友達にも相談できないような状況がたくさんあった。

でも、今声を大にして言えるのは、

正しい知識を学んで、正攻法で努力をしたら
必ず結果はついてくる。

ということ。

昔の自分はそんな世界があることすら知らなかったから、
結果を出すことができるどころか
体を壊すまで肉体労働するっていうやり方が正だと思っていました。

でも、変われる。

ちょっとしたきっかけと知識が
毎日をどんどん面白くさせるし、人生がキラキラする。

 

日本人ってお金の勉強やビジネスを学ぶ機会がないから
そもそも知らないだけで、

頭も良く、手先も器用な日本人ができないわけがない。

 

私のメルマガでは、

・精神的自由
・身体的自由
・金銭的自由
・時間的自由

の4つの自由をどのようにアプローチして、
本当の意味で自立した、充実した人生を作っていくかの
具体的な話を発信しています。

無料なので、興味がある方は是非登録してみてください。

Twitterやブログでは書けないことを
メルマガの中でのみお話ししています。

ご登録はこちらから。

 

 

 

こちらも合わせて読んでみてください。

参考月給18万でどうやって人生楽しむの?

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
とうふ

とうふ

東京在住。アパレル会社に勤めるOL。 コロナで父が無職になり、生活苦に陥っていた時、運よく月収400万円の師匠に出会い、副業起業家としての道をスタート。起業開始1ヶ月目で5桁の収益化に成功しました。 このブログでは、「常にちょっとずつ良い毎日を」を理念として 「いつまでこの働き方するんだろう?」 「人生このままでいいのかな?」 と思ってる方の助けになりたくて情報発信しています。

© 2020 TOFULOG Powered by AFFINGER5